HOME > トーテックコラム > 知っておこう!災害への備え

トーテックコラム

知っておこう!災害への備え2016.7.03更新

梅雨から夏・秋にかけて、風水害の多い季節となります。日頃から土砂災害の危険性がないか確認し、災害が起こる前に避難できるよう備えましょう。


①近くに土砂災害警戒区域がないか確認しましょう
自治体のHPなどでがけ崩れや土石流の指定区域を確認しましょう

②避難場所や避難経路を確認しましょう
・長雨や豪雨に注意 ・前兆現象を知り、早めに非難をしましょう

③準備しておこう、非常持出品(ひとつにまとめて)
・懐中電灯 ・携帯ラジオ ・非常食 ・水 ・貴重品 ・救急医療品

④噴火警戒レベルと防災対応
レベル5→避難 レベル4→避難準備 レベル3→入山規制 レベル2→火口周辺規制 レベル1→活火山であることに留意

⑤大噴火の前兆現象
1. 地震が一日に何度も発生する 2. 地鳴りがする 3. 井戸水、温泉の水位や温度がいつもと違う

⑥追加情報:外出時は必ずマスクをしましょう!
韓国で流行拡大しているMERSコロナウィルスが、収束する見通しがないようです。
日頃から、予防を心掛けましょう。